耳より情報

草刈機の正しい使い方を確認しよう~大振りしたFITマン、肋骨折る!!~

まだ草刈機使用歴4回目のFITマンです!

  • 「そもそも草刈機のヘッドはどの様に振るのが適切なのか?」
  • 「足の運び方は前に進めばいいのか?」
  • 「そもそもどこから切り始めたらいいのか?」

草刈機の使い方について、改めて確認したかったのでまとめてみました!

ご参考になれば幸いです☆

なお、Twitterで太陽光FITマンをフォロー頂いている方にはご報告済みですが、適当にブンブン振り回していたら、後日肋骨が骨折していたことが判明しました!!(笑)

是非とも正しい刈り方を身につけて、無理をしない範囲で頑張ってくださいね!

正しい草刈機の使い方

FITマンの周りで実際に草刈機を使用している人がいないため、正しい使い方を教わらずにブンブン振り回してきましたが、

安全な使い方、効率的な使用方法について知りたくなりましたので、調べてみました!!

参考動画~一般社団法人「日本農業機械工業会 刈払機部会」さん~

まずは何か専門団体があるはずと思い、ネットで動画を探してみました!

そこで見つけたのが、一般社団法人「日本農業機械工業会 刈払機部会」さんの動画です!

出典:一般社団法人「日本農業機械工業会 刈払機部会」

いやー、安心感のある動画ですね(笑)

ど素人の私にも分かりやすいし、多分講習会等で教わる基本原則が出ていますので、これをやっておけば安心ですね!

↓PDFもありますので、ご参考にどうぞ。

事前準備~安全な服装で~

以下は一般社団法人「日本農業機械工業会 刈払機部会」さんのPDFから引用させて頂いている、草刈機使用時の装備の一覧です!

FITマン的は太陽光パネル下での作業時に頭を何度もぶつけたので、ヘルメットは必ずする習慣が出来ています!

また、実際にゴーグルに小石?が当たったこともあるので、

ヘルメットとゴーグル

は最低限必須です!!

事前準備~ゴミ拾い~

動画3:20付近で解説ありますが、事前にゴミは拾っておきましょう

動画ではゴルフのティーショットみたいに飛んでいってますが、これは危険ですね!アブナイ

余りに小さいゴミや軽いものは大丈夫かもしれませんが、空き缶等の人に当たったら怪我をする可能性のあるものは特に気を付けましょう!

私も草刈りをする隣の畑でおじいさんが畑仕事していたりしますので、気を付けなければと改めて思いました!

正しい刈り方~一歩ずつ前に進み、左側で刈る~

動画4:40からは正しい足の運び方と刈り方についてです!

以下のイラストが参考になります!

■使い方のポイント

・連続的な作業ですから、体と刈払機が一体となって重心移動を行い、リズムある動作で作業す
れば体がラクです。
・メインパイプを右から左へ振り、常に安定した姿勢を保ち、刈刃の左側で雑草を刈ってくださ
い。両足は肩幅よりやや広げ、右足を前に出し、すり足で前進します。右足から前に進み左足
がこれに続く、という進み方をしてください。
・草が飛び散り、キックバックを起こしやすくなるので、往復刈りや大振りをしないでください。
・刈り幅は1.5mぐらいが適当です。
・刈刃を左側に5~10°傾けて刈ると草が左側に寄るので作業しやすくなります

一般社団法人「日本農業機械工業会 刈払機部会」PDFより引用

足の運び方(上記イラスト参照ください)

まず足の運び方です!

上記イラストの通りですが、

両足は肩幅よりやや広げ、右足を前に出し、すり足で前進します。右足から前に進み左足がこれに続く、という進み方をしてください。

とあります。

ここはあまり意識してなかったですね。。

しかも、前に進むというよりも、自分の周辺にある草を円状に、とりあえずなぎ倒す様に使用していました。。

これからは直進して行くようにします!!

刃の動かし方

「刈刃の左側で雑草を刈ってください」とあります!

これは、チップソー等の刃が、左回転に作られているため、右から左に動かした時に一番切れやすくなっているためです!

また、ここには記載無いですが、刈った草が左側に溜まっていきますので、敷地の左端から刈り始めることによって、刈り残しなく作業が進められます!!

※大振りはやめよう

ついついやってしまうのですが、大振りはキックバックやバランスを崩した際の危険性もありますが、草も飛び散ってしまうので、やめましょう☆

そして、FITマンは大振りにより、まさかの肋骨を骨折しました!!(笑)

草刈りしてから2週間程度経って、全身の筋肉痛が落ち着いてきた中、右の脇腹だけずっと痛い。。。

「まさかね。。まさかだよね。。。」

恐る恐る整形外科に向かうFITマン。

「レントゲンの結果、肋骨骨折ですね~。ここです、ここ。折れてるでしょ?」

「まじか~!」

肋骨の下の方の骨はひねりに弱く、ゴルフ等でも折れてしまうことがあるらしいです。

重さ3~4キロの草刈り機を背負って振り回すと骨への負担が大きいみたいですので、慣れていない方は本当にお気をつけください!!

刃の入射角度

「刈刃を左側に5~10°傾けて刈ると草が左側に寄るので作業しやすくなります」

刃を左側に傾けることで、草が左側に集まりますと、刈り残しが確認しやすくなり、作業効率アップです!

まとめ

さて、今回は草刈機の正しい使い方を確認しました!

効率的に草刈りをすることに加え、安全に怪我無く作業することが大変重要です!

安全に楽しい草刈ライフを!!

-耳より情報